ホーム オートバイ ヤマハYZF-R1の進化

ヤマハYZF-R1の進化

3620
0

の第一世代 1998 – 150 馬力, 177 kg
90年代後半, ヤマハの指導者はホンダFirebladeと競合するスポーツバイクを構築したいです. デザインとエンジニアリングチームは、およその集計で電力供給を受けることになるバイクを構築する使命を帯びました 1000 少なくとも立方センチメートルと 150 馬力, 可能な限り最高のハンドリングとの最大重量を持ちます 180 流体なしキロ. そう, それは深刻な作業でした.

1998 ヤマハYZF-R1

おそらく、最初の世代の中で最も革新的なものは、集約しました. 最初 ヤマハR1 の最大値にゆっくりとロール 11,750 RPM. 集計の後ろ,できるだけコンパクトバイクを作るために、より高い可能性レベルでの取り扱い与えるために絞られたギアボックスは、. 優れたステアリングホイールのための間の距離はわずかです 1395 ミリメートル. オートバイの重量は軽量な素材を使用することによって削減されます, 例えば. フレーム自体はアルミニウムで作られました. オートバイのこの互換性のある構造は、使用中で、今日、ますます以下であり、. 第一世代R1大成功した後、, 他のメーカーは、ヤマハの道を開始しました. このモデルは、プロのメディアとドライバーの両方で賞賛されたが、, それはすべてが素晴らしいではありませんでした. 最初の標本は、クラッチの問題を抱えていました, サスペンションは、あまりにも何も理想的ではなかったです.

1998 ヤマハYZF-R1
1998 ヤマハYZF-R1

2002 ヤマハYZF-R1

に 2001, ヤマハR1 その第一の光改築を得ました. エンジニアは削除することができました 2 オートバイからの体重のキロ, ギアボックスは良好でした, そしてCO2排出ガスも減少しました.
しかしながら, のみで 2002 モデルに大きな変更があります. 新しいフレームを装着し、, いわゆるサブフレームと. 新しいフレームは、新しいフロントフォークおよびリヤサスペンションと協働するように最適化されました, すべてのオートバイのより良いハンドリングと優れた制御のため “膝を下げます”. 燃料噴射システムは、有害ガスの一層厳しいEUの規制を満たすために追加されました. 完全にチタン製の新しい排気もインストールされました. エアバルブの新しいタイプは、それが可能よりも、より正確なスロットルレスポンスを持つようになりました. 特定の変更と, 馬力の数は増加しています 152, 流体のないオートバイの重量はに縮小されました 174 キロ. からのボディキット 2002 前の年からの鎧とは大きく異なっていました.

2002 ヤマハYZF-R1
2002 ヤマハYZF-R1

2004-2006 ヤマハYZF-R1

に 2004, ヤマハは、ブランドの新しいR1モデルを発売しました, そして初めての比率に達し 1: 1 馬力とキロ, すなわち 172 馬力と 172 kg! オートバイのデザインは驚異的だったし、今日時代遅れいませんでした. フロントエンドは、4つのヘッドライトに支配されています, R1は容易に認識すること. 後端にだけシートの下方に位置する二つの排気管によって支配されます. 新付き, エンジン内の短いピストン, ヤマハR1 でより多くのトルクを持っています 12,500 RPM. 最高速度はでした 285 キロ / 時間. 完全なオートバイは、MotoGPの選手権でヤマハの成功の影響下にありました. に 2006, エンジン性能の改善があります, 馬力はに増加しました 175. フロントフォークは、認識可能な金色になりました.

2004-2006 ヤマハYZF-R1
2004-2006 ヤマハYZF-R1

2007 ヤマハYZF-R1

日本人は新しい技術で容易に駆動させるために懸命に働いてきたが、, それはヤマハR1の生のパワーを制御することがますます困難になってきました. R1のこの世代は、新しいフレームを得ました, リアサスペンションとフロントフォーク. このモデルは、気筒あたり4つのバルブを持っていました, 誰もがこの世代までの5を持っていながら、. 馬力の新しい増加がありました 180, ヤマハR1は最高速度に達しました 295 キロ / 時間. 赤と白の提供で見つかった唯一の3色があります。 “raceing” 組み合わせ, 黒, そして、クラシックヤマハブルー.

2007 ヤマハYZF-R1
2007 ヤマハYZF-R1

2009 ヤマハYZF-R1

このモデルは、MotoGPクラスの競争からの技術を借り, もはや2によってシリンダ2を点火しません (180 度) しかし、次のように 270-180-90-180 度. このように、ヤマハのエンジニアは、低回転域で大きな推力を有効に. この気筒点火モデルと, エンジンは、完全に新しい取得します, 異なる音. 新しい燃料噴射システムが導入されました, そして、ドライバが最初に見つけることができました “エンジンマップ” エンジンの異なる動作モード, 簡単に個別ドライバにエンジンの動力を調整するために. 182 馬力利用できました, それ以来 2009, ヤマハは、すべての流体とオートバイの重量のみをリリースされました, このモデルのそれは信じられないほど小さかったです 206 キロ. エンジンは、わずかオートバイのよりよい制御を可能にするために、前輪にシフトしています. モデルの6つのレベルのトラクションコントロールを取得します 2012, そしてヘッドライトの数を4から2に変更されます.

2009 ヤマハYZF-R1
2009 ヤマハYZF-R1

2015 ヤマハYZF-R1

最新の, 現在のR1モデルは、日本の技術のピークと新規の使用を表しています, 軽量素材. すべての液体とヤマハR1あり 199 キロ! それはtarction制御と滑りコントロールを持っています, quickshifterがあります, そして、日本の様々な他の技術革新 … 材料からアルミニウムを使用しました, マグネシウム, 炭素繊維.

2015 ヤマハYZF-R1
2015 ヤマハYZF-R1

返事を書く

コメントを入力してください!
ここにあなたの名前を入力してください

このサイトは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています. あなたのコメントデータが処理される方法を学びます.